スポンサーサイト

  • 2010.06.19 Saturday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


仮想空間で政治家座談会 ユーザーと「政局談義」(産経新聞)

 インターネット上の仮想空間「アメーバピグ」で17日、アバター(本人の分身のキャラクター)を使った政治家による初の座談会が開かれた。ネットに詳しい民主党の藤末健三参院議員が登場、参加した一般ユーザー30人とリアルタイムに交流を行った。

 座談会では、7月の参院選でネット選挙運動が解禁されなかったことについて、「なぜ、ブログで選挙運動できないのか知りたい」と質問が寄せられ、藤末議員は、「公職選挙法でPC(パソコン)の画面はビラと同じ扱いです。法定ビラ以外を配っていけないという禁止条項に触れます。この時代に変な法律」とし、「次回がんばります」と答えた。

 アメーバピグはサイバーエージェント(東京都渋谷区)が運営するサービス。座談会は今後も開催され、自民党から参院選に出馬する三原じゅん子さんらの参加が決まっている。

【関連記事】
仮想空間「アメーバピグ」 国会議員のアバター登場
アメーバピグ英語版快進撃 2カ月で60万ユーザー突破
「アメーバピコ」が10日で15万人
ネット効果に疑心暗鬼 「選挙は基本的につながり、きずな」
参院選 目立つツイッター派、スラング使ったブログも
日本のインフラ技術が海外へ飛び出し始めた

<東北厚生局>職員が開示文書改ざん 情報公開法に抵触も(毎日新聞)
労働基本権、見直しには影響提示を=海外事例を紹介―人事院年次報告(時事通信)
山菜採りの男性3人遭難か(産経新聞)
<南アW杯>日本と意外なかかわりも…1次リーグ開催3都市(毎日新聞)
漫画本計上「不適切だった」=秘書の私物レシート混入―荒井戦略相(時事通信)

世論調査 無党派層、突然の民主回帰(産経新聞)

 産経新聞社とFNN(フジニュースネットワーク)が5、6両日に実施した合同世論調査で、民主党が政党支持率、比例代表の投票先ともに今年初めの水準まで回復を果たした。鳩山由紀夫首相の退陣や小沢一郎氏の民主党幹事長辞任を好感した無党派層が、民主党支持に回帰したとみられる。特に、みんなの党支持に流れていた無党派層の一部が民主党支持に戻っている。

 今回の調査では、「支持政党なし」が5月の前回調査の42.1%から33.8%まで減ったのに対し、民主党支持は17.7%から30.6%まで急上昇した。民主党の支持率と無党派層の率を合計すると6割程度になるという「法則」があるといわれ、無党派層の「民主党回帰」が顕著なことが数字に表れている。

 昨年9月の鳩山政権発足時の調査で44.4%だった民主党支持は「政治とカネ」の問題などで鳩山政権の凋落(ちょうらく)が始まった昨年末以降は減少傾向が顕著に。3割弱だった無党派層は逆に増加し、民主党支持をやめて無党派層に転じる人が増えているとみられていた。

 また、今回の調査でも民主党支持と答えなかった無党派層の比例代表投票先をみると、民主党と答えたのは19.8%で、前回調査の11.4%から大幅に増えた。一方、無党派層の受け皿だったみんなの党は10.9%から7.1%に減少し、その分が民主党へ流れた形。「投票するつもりはない」「わからない・言えない」と答えた無党派層も減り、これらの層も民主党が取り込んだようだ。

 無党派層では、菅直人新首相に対し「小沢氏の影響を排した人事」を求める回答が85.8%と高く、菅氏が今後「脱小沢」路線を貫けるかどうかが、支持を拡大できるかのポイントとなりそうだ。

【関連記事】
菅氏したたか?続々内定組閣人事“仕分け人”蓮舫氏も大臣に
菅新首相に期待57%、比例投票先は民主34%に急伸
玄葉氏が党政調会長兼公務員改革相 午後に新執行部発足へ
新政権 露骨な「小沢外し」
“仕分け大臣”に蓮舫氏 政調会長は玄葉氏で調整
電撃的な首相退陣劇の裏で何が…

偽一万円札使用容疑で男逮捕=7都県で153枚発見―警視庁など(時事通信)
ワールドカップ出場国をモチーフにしたスニーカー――ルコック(Business Media 誠)
新首相、初外遊はサミットに=上海訪問見送り(時事通信)
原口総務相も菅氏支持 長妻厚労相は小沢氏排除に言及(産経新聞)
87%の自治体が「未推計」=公共施設更新費―首都圏白書(時事通信)

民主党独自の世論調査 参院選、最悪で29議席(産経新聞)

 民主党が5月中旬に党独自の参院選情勢に関する世論調査を実施し、獲得議席が最少のケースでは選挙区と比例代表を合わせて29議席にとどまり惨敗に終わるという分析結果を出していたことが30日分かった。民主党幹部が明らかにした。この場合、民主、国民新の与党両党が参院で過半数を獲得するのは絶望的だ。調査は、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾(ぎのわん)市)移設問題での社民党の連立離脱以前の段階のもので、現時点で再調査すればさらに厳しい結果が出る可能性がある。

 この分析は、世論調査の結果に基づき、民主党選挙対策委員会などが持つ情報を加味して、参院選の獲得議席を予測したものだ。調査結果と分析内容は極秘扱いとされており、「小沢一郎幹事長ら数人しか知らない」(党幹部)という。結果を知る数少ない党幹部は、「最も良くて40議席台後半だが、最悪の場合は29議席だ」と述べた。

 調査結果の内訳をみると、選挙区では、中国、四国、九州などの西日本や関東で特に劣勢が目立つ。

 全国に29カ所ある改選1の選挙区(1人区)で、民主党が確実に獲得できそうなのは岩手、奈良など数議席にとどまった。平成19年の参院選では、当時与党だった自民党が6勝23敗で惨敗したが、今回の民主党調査は、前回参院選とまったく逆の傾向を示している。

 また、民主党は小沢氏の主導で2人区に候補者2人を擁立してきたが、福島などを除き、共倒れが「続出」するという結果が出た。5人区である東京でも1議席しか獲得できない。

 比例代表は、民主党は19年の参院選で20議席だったが、今回は「最悪で10議席」に落ち込む可能性があるとされた。

 民主党の石井一選対委員長は27日の講演で、参院選について「選挙区では30議席、比例代表で17、18議席はとれる」と、計48議席との見通しを語ったが、最も楽観的な観測に沿って分析した発言とみられる。

 民主党は、参院選で大敗しても衆院で圧倒的多数を占めており、衆院での首相指名選挙に勝つことはできる。だが、参院選敗北が政権崩壊につながった例は珍しくない。19年7月の参院選では、37議席だった自民党の安倍晋三首相(当時)が同年9月に辞任に追い込まれた。10年参院選でも、44議席だった同党の橋本龍太郎首相(当時)が退陣している。

 一方、民主党幹部は30日、都内で記者団に、党内から鳩山由紀夫首相の退陣論が出ていることに関し、「参院(民主党)の人たちが鳩山さんではダメだと言っている状況で、『あくまで鳩山さんで行きます』と言うのはとても難しい」と語った。

 今回の調査結果は、民主党内の鳩山首相退陣論に拍車をかける可能性がある。また、仮に参院選まで鳩山首相が続投できたとしても、民主党の参院選での獲得議席が、調査結果の最少のケースに近い結果となった場合、首相退陣は不可避とみられる。

【関連記事】
内閣支持続落19% 共同通信世論調査
渡部氏、印籠ならぬ“引導”!?「ケジメをつける」
首相ぶら下がりに異変 逆ギレ、無視…メディア対応見直しの動きも
迷走と失政の責任…国益損なう首相は退陣を 
ハトヤマ、サヨナラ! 米で相次ぐ酷評
iPadが上陸

訃報 青木半治さん94歳=日本陸上競技連盟名誉会長(毎日新聞)
菅氏の対抗馬探し難航…「戦犯」と指摘の候補も(読売新聞)
<鳩山首相>午後にも進退協議…閣僚からは擁護論(毎日新聞)
<山陽新幹線>作業員がCO中毒 「六甲トンネル」内で(毎日新聞)
<口蹄疫>雇用調整助成金支給要件を緩和 厚労相(毎日新聞)

<警察庁>児童ポルノ根絶を訓示 少年担当課長会議で(毎日新聞)

 警察庁は21日、都道府県警の少年担当課長らを集めた会議を同庁で開き、安藤隆春長官が児童ポルノの根絶に向けた取り組みを進めるよう訓示した。インターネット上で拡散する児童ポルノについて安藤長官は「流通・拡散防止のために官民一体の取り組みが必要」と指摘。「悪質な(インターネット関連)事業者に対して厳しく責任追及するなど、児童がインターネットを通じて被害を受ける事態を一掃するための取り組みを推進してほしい」と述べた。

【関連ニュース】
警察庁:安藤長官のカンボジア訪問を中止
警察庁長官:「弘道会に打撃を」都道府県警に要請
警察庁:初動活動強化へ 全国警察本部担当課長会議行う
警察庁長官狙撃:アレフが違反調査請願
中国毒ギョーザ:警察庁で日中情報交換会議

仕分け第2弾終了、37事業「廃止」求める(読売新聞)
仕分け第2弾、競輪の補助事業など「不透明だ」(読売新聞)
参院選、新党改革を支援=鳩山邦氏(時事通信)
<たちあがれ日本>中川義雄氏が参院出馬断念(毎日新聞)
公然わいせつ・礼拝所不敬罪、篠山さん略式起訴(読売新聞)

誤解招く表示やめて=口蹄疫で食品業界に要望―消費者庁(時事通信)

 宮崎県で家畜への口蹄(こうてい)疫感染が拡大している問題で、消費者庁は17日、食品業界や流通業界などに対し、販売の際に非感染を売り文句にするなど、消費者に誤解を与える不適切な表示を慎むよう要請した。
 同庁などによると、口蹄疫にかかった家畜の肉や牛乳は市場に出回っておらず、また摂取しても人体に影響はない。しかし問題発生後、量販店やインターネット上で、「宮崎県産は使用していません」「口蹄疫の恐れのない産地の肉です」などの表現で食肉や加工品を販売している例が数例確認されたという。 

【関連ニュース】
農家への経営支援など指示=口蹄疫対策本部初会合で鳩山首相
首相をトップ、本部格上げ=政府、関連法の改正検討
割安補修で遊び場確保を=遊具事故防止に事例集
口蹄疫対策、支援強化を鳩山首相が指示
「宮崎牛」種牛も殺処分に=事前避難6頭は経過観察

南ア観光、商機逃すな 現地で見本市 サッカーW杯(産経新聞)
「裁判員は違憲」不服申し立て棄却 最高裁(産経新聞)
首相動静(5月13日)(時事通信)
中学体育祭、強風でテント飛び生徒10人けが(読売新聞)
元公認会計士を逮捕=30億円横領容疑―警視庁(時事通信)

<夫婦刺殺>長女の夫を殺人容疑で逮捕 京都・長岡京(毎日新聞)

 12日午前1時半ごろ、京都府長岡京市開田1の路上で「男性が倒れ、別の男にけられている」と付近住民から110番通報があった。現場へ駆けつけた府警向日町署員が、血を流して倒れている男女を発見。共に搬送先の病院で死亡が確認された。2人には刃物で刺された複数の傷があり、府警は殺人容疑で捜査。兵庫県西宮市で同日午前11時ごろ、手配されている車が見つかり、府警は乗っていた男を殺人容疑で緊急逮捕した。

 殺害されたのは長岡京市高台3のタクシー運転手、矢本吉男さん(65)と妻朔恵(さくえ)さん(65)。逮捕されたのは矢本さん夫婦の長女の夫で金融業の佐野(本名・李)敏男容疑者(52)=大阪市城東区。府警は動機を追及している。

 府警によると、佐野容疑者は12日午前0時すぎ、現場の東約50メートルの飲食店に来店。同0時半ごろ、夫婦も来店し、一緒に飲食しているうち口論になった。同1時15分ごろ3人で店を出た後、事件が起きたという。矢本さんは腹、朔恵さんは背中を中心に刺されていた。

 現場は阪急長岡天神駅の北東約400メートルの長岡市中心部。すぐ西には市役所がある。【太田裕之、林哲平、五十嵐和大、成田有佳】

【関連ニュース】
殺人:65歳夫婦刺され死亡 手配の男確保 京都・長岡京

覆面パトカーが事故=小学男児、腕を骨折−兵庫県警(時事通信)
元副工場長らに罰金=タラップ落下26人死傷事故−大分(時事通信)
リニモ運行会社員、8900万円着服し馬券購入(読売新聞)
鳩山首相、15日沖縄再訪延期(時事通信)
分かりやすい条文に修正検討=都青少年条例改正案−石原知事(時事通信)

首相動静(4月23日)(時事通信)

 午前8時現在、公邸。朝の来客なし。(了)

「まさかジオスまで」再び繰り返された混乱(読売新聞)
<日医連>民主単独推薦を検討…参院比例、執行部内に反対も(毎日新聞)
両陛下、日本国際賞授賞式に(時事通信)
<加須市長選>大橋氏が初当選 埼玉(毎日新聞)
自閉症治療にホルモン有効=長期投与で初確認−金沢大など(時事通信)

男児ポルノビジネス摘発…報酬で小中高生誘う(読売新聞)

 小中高生を勧誘し、裸体を撮影した映像を販売していた国内の「男児ポルノ専門サイト」が初めて、埼玉県警に摘発されていたことが14日、捜査関係者への取材でわかった。

 サイト主宰者の男は日英中3か国語のサイトを運営し、「モデル募集」「高額報酬」などと勧誘しては映像を国内外の愛好者らに販売、売り上げは確認されただけで年間千数百万円に上る。国内では「女児保護」の一方で見過ごされがちな、男児を対象としたポルノ産業と性被害の実態が浮かんでいる。

 捜査関係者によると、児童買春・児童ポルノ禁止法違反(児童買春、単純製造、提供、公然陳列)などの疑いで逮捕、起訴されたのは、川崎市中原区中丸子、デザイナー小林葉介被告(29)。逮捕容疑は、昨年12月、神奈川県内のホテルで東京都内の当時中学1年の生徒(13)に3万円を渡し、わいせつ行為を撮影するなどした疑い。

 小林被告は少なくとも5年前から、主宰するサイトやネット掲示板などで「3時間で30万円以上も」「夢を持つ少年をサポート」などと男児を募集。首都圏や大阪などで撮影を繰り返していたという。ポルノはDVD1本数千円〜3万円程度で販売、サイトには顔や性器の無修整画像の見本が並び、中には10歳前後の児童とみられる映像もあった。

 県警は、サイトに顔が出ていた小中高生約50人と未公開だった約10人のうち、首都圏や東北地方などの中高生十数人を被害者として特定。小遣い稼ぎのつもりで撮影に応じた後、再度の撮影依頼を拒むと「撮ったものを販売する」と脅され、わいせつ行為を強いられた男児もいたという。

 3か国語でサイトを運営していた小林被告は、英国やウクライナ、中国などの外国銀行にも振込先口座を開設していた。小林被告は「少年愛の素晴らしさを広めるためだった。率先して販売したくはなかった」と供述しているが、県警は、男児ポルノ販売をビジネス化していたとみて、全容解明を進めている。

「舛添氏、政局に関係ない」=民主・渡部氏(時事通信)
大詰め諫早湾開門、政治的思惑指摘の声も(読売新聞)
全国学力テスト 4回目開始 今回から3割の抽出方式に(毎日新聞)
タクシー無賃乗車、売上金盗む=容疑で男子高生ら3人逮捕−警視庁(時事通信)
放鳥トキが「抱卵」中断=求愛行動は継続−環境省(時事通信)

カメラ担いだ村本さんに水平射撃、即死か(読売新聞)

 タイのバンコクで取材中、銃撃されて死亡したロイター通信日本支局カメラマン村本博之さん(43)は、ビデオカメラを右肩に担いだ状態で左方面から水平射撃を受けていたことが14日、警視庁の司法解剖で判明した。

 ほぼ即死状態だったとみられる。

 発表によると、村本さんの銃撃による傷は1か所。弾は鎖骨の下の左側面からほぼ水平の角度で入り、あばら骨に当たって右上腕部へと貫通していた。貫通した経路から、右肩にカメラを担ぎ、立った状態で左横から水平射撃を受けた可能性が高いという。

 死因は大動脈と左肺からの失血死と、心臓周囲に血がたまったことによる心肺停止で、銃撃直後に死亡したとみられる。銃の種類や銃撃の距離などについては、村本さんの衣服がないことなどから特定できなかった。

 同庁は石神井署に捜査本部を設置し、今後、タイの警察当局と情報交換し、村本さんが撃たれた状況の解明を進める。

 村本さんは銃撃された10日夜、反独裁民主戦線(UDD)のデモ隊と治安部隊の間で取材していた。UDD側も治安部隊側も実弾の水平射撃は行っていなかったと主張していた。

政治とカネも普天間も、首相「心配ご無用」(読売新聞)
<幸田町議汚職>贈賄側の売却益7億円 愛知県警(毎日新聞)
<火山噴火>ミラノ便が出発 成田(毎日新聞)
<訃報>小池克彦さん71歳=元読売広告社社長(毎日新聞)
100人が成田空港で一夜=帰国できない外国人ら−欧州火山灰(時事通信)

井上ひさしさん死去 作家、小説「吉里吉里人」 75歳(産経新聞)

 小説「吉里吉里人(きりきりじん)」やNHKの連続人形劇「ひょっこりひょうたん島」の台本のほか、戯曲やエッセーなど多彩な分野で活躍した作家の井上ひさし(いのうえ・ひさし、本名・廈=ひさし)さんが9日夜、死去した。75歳だった。葬儀・告別式は近親者で行い、後日お別れの会を開く予定。

 家族によると、昨年10月末に肺がんと診断され、11月から抗がん剤治療を受けていたという。

 井上さんは昭和9年、山形県生まれ。上智大在学中から浅草のストリップ劇場「フランス座」文芸部に所属し、台本を書き始めた。39年からは、5年間続いた「ひょっこりひょうたん島」の台本を童話、放送作家の山元護久さんとともに執筆、一躍人気を集めた。

 44年、戯曲「日本人のへそ」を発表して演劇界デビュー。47年に「道元の冒険」で岸田戯曲賞を受賞して、劇作家としての地位を確立した。奇想と批判精神に満ちた喜劇や評伝劇などで劇場をわかせ、59年には自身の戯曲のみを上演する劇団「こまつ座」の旗揚げ公演を行った。

 小説家としても、47年に江戸戯作者群像を軽妙なタッチで描いた小説「手鎖心中」で直木賞を受賞。絶妙な言葉遊び、ユーモアたっぷりの作風で多くの読者に支持され、エッセーの名手としても知られた。遅筆でも有名で、「遅筆堂」とも自称していた。

 一方、戦争責任問題を創作のテーマに掲げ、東京裁判や原爆を主題にした作品も数多く発表。平成15年から19年にかけて日本ペンクラブ会長を務め、16年には護憲を訴える「九条の会」を作家の大江健三郎さんらとともに設立した。

 戯曲「しみじみ日本・乃木大将」「小林一茶」で紀伊国屋演劇賞と読売文学賞(戯曲部門)、「吉里吉里人」で日本SF大賞、読売文学賞(小説部門)。小説「腹鼓記」「不忠臣蔵」で吉川英治文学賞、「東京セブンローズ」で菊池寛賞など受賞多数。16年に文化功労者、21年に日本芸術院会員に選ばれた。

                   ◇

 ◆哲学者、梅原猛さんの話「『ひょっこりひょうたん島』のころから恐ろしい逸材と思っていた。井上君の喜劇はピリッとした社会風刺とユーモアに満ちていて、いつも弱者の立場に立っていた。喜劇の新しい形を作った人物で、思想の違いを超えて尊敬していた。ここ2、3年は会っていなかったが、僕も3回がんをやっているから大丈夫だろうと思っていたので、残念でならない。85歳の僕よりだいぶ若いのに…」

 ◆今村忠純・大妻女子大教授(日本近代文学)の話「昨年10月には雑誌のこまつ座25周年特集で対談し、『こまつ座で、じっくり脚本を書いていく』との話が印象的だった。あらゆる領域で活躍され、何十人かかってもできない仕事量をこなした。小説と戯曲が両輪になり、読み物に大きな価値を与えた」

小沢氏、訪米見送り=「二元外交」批判を懸念(時事通信)
たちあがれ日本「10議席目指す」 夏の参院選(産経新聞)
ビジネス用小型機の利用促進=羽田で10月に規制緩和へ−国交省(時事通信)
<訃報>大野新さん82歳=詩人、「家」でH氏賞(毎日新聞)
日本医師会あての鉢植え発火 職員のライター、フィルム引火か(産経新聞)

calendar
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
sponsored links
リンク
情報商材レビュー
債務整理
副業
主婦 融資
競馬情報
無料携帯ホームページ
自己破産
レンタルサーバー 格安
情報商材
selected entries
archives
recent comment
  • 仮想空間で政治家座談会 ユーザーと「政局談義」(産経新聞)
    AtoZ (08/27)
  • 仮想空間で政治家座談会 ユーザーと「政局談義」(産経新聞)
    志波康之 (01/16)
  • 仮想空間で政治家座談会 ユーザーと「政局談義」(産経新聞)
    桃医 (01/10)
  • 仮想空間で政治家座談会 ユーザーと「政局談義」(産経新聞)
    道隆 (01/03)
  • 仮想空間で政治家座談会 ユーザーと「政局談義」(産経新聞)
    タンやオ (12/29)
  • 仮想空間で政治家座談会 ユーザーと「政局談義」(産経新聞)
    ナーマソフト (12/24)
  • 仮想空間で政治家座談会 ユーザーと「政局談義」(産経新聞)
    ポリエモン (12/20)
  • 仮想空間で政治家座談会 ユーザーと「政局談義」(産経新聞)
    きんちゃん (12/17)
  • 仮想空間で政治家座談会 ユーザーと「政局談義」(産経新聞)
    夜沢課長 (12/08)
  • 仮想空間で政治家座談会 ユーザーと「政局談義」(産経新聞)
    俊之 (12/04)
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM